東京の独り暮らし老人は話し相手が居ない

2019/09/26 ブログ

今、住んでいる東京の家の裏に独り暮らしをしている老人がいます。話し相手が居ないので、午前中にラジオ体操の歌🎶新しい朝が来た。希望の朝·····と唄い始め、定番は🎶汽車、汽車しゅっぽう、しゅっぽう····と唄う。しかも、かなり大声なんです。初めて聞いた時は身震いしました。慣れるとまたか😒。私が最も嫌いなのは、年中、風鈴🎐を身体に巻き付けているのか?動く度に、カラン、カランと鳴る事❗鬼太郎かよ❗こちらからも彼方からも見えない様にネット、簾と備え付けていますが、ベランダに私が居る気配を感じると「旦那さん、旦那さん」と声を掛けられる。無視❗無視❗。誰とも話さないで、ずっと家に隠ると、こんな風になってしまうのか?。暑くても、クーラーは入れないし、寒くても、暖房も入れないのか?☔雨以外は年中、窓が開いています。夜は小さな豆電球1つしか照明を付けない。あー、気持ち悪い😱。この人を警察も🏥病院も確保する事は出来ない。人に害を与えているわけではないし。年金暮らしなのか?生活保護なのか?どちらにせよ、私の税金か?年金支払いが、この方に渡っていると思うと、😓。

東京いや全国には、この人みたいな老人は沢山いるのだろう😓。こんな老人にならない為にも、ココカルで話し相手  を作って下さい。